園のあゆみ・保育理念

「生きる力の基礎を育み、自立する力を培う」
創立
昭和53年 大津ヶ丘団地の開発に伴う、開発計画の一環に含めた環境整備でスタートしました。
園をとりまく環境
 大津ヶ丘の台地に大規模な住宅団地が造成され〔昭和53年〕小学校・中学校・本園大津ヶ丘幼稚園
も開設しました。その後近接する地区に〔手賀の杜〕地域が開発され、更には千葉県有数の大型商業
施設〔アリオ柏〕が平成28年春に開業しました。開発が急ピッチで進んでいますが、田園風景もい 
っぱい見られる自然豊かな環境は自慢です。園庭で「アリ」などの小動物は勿論のこと、「カエル」
・「玉虫」・「イモリ」を手にして心を弾ませている姿も見られます。手賀沼も比較的近くにあるこ 
ともあり、カルガモが飛来することもあります。
本園の教育目標 《 〔 園のこと 〕 に全体像を示しました。 》
保育の重点
 幼児期の心身の発達はその後の人生を左右していることは間違いありません。本園では、心身の発
達の基本に「しっかり話を聞ける態度・能力・習慣の育成」を位置づけています。言葉を理解し、相
手を尊重し、自分の考えを伝える第一歩が「聞く習慣」にあると考えます。
1、ほかの人の話をしっかり聞ける態度・能力・習慣を育成する。
2、集中して取り組む態度・能力・習慣を育成する。
3、良いこと・悪いことの区別・判断力を育成する。
4、身近な自然に興味を持たせ、接することで豊かな感性を育む。
 年間を通じて絵画・製作・絵本を見る・歌や音楽の活動等の取り組みの時に「聞く態度・習慣」
が生かされて活動が充実したものになっているかを検証するように努めています。また、専門の体
育指導者による「適時性を備えた指導」「バランス感覚や安全を判断する感覚」の育成や外国人
英語指導者を通した「ことばの広がり」等にも年少から年中・年長まで園全体で実施しています。
さらに、比較的小規模園であることを生かして「年少・年中・年長の交流」を積極的に取り入れて
います。交流の成果は、子どもにとっては・自覚すること・自信を持つこと・配慮も大切なこと、
等の発達課題に迫れることに現れています。
 学校教育の中では、話が聞けないことで何をしたらよいかわからないため注意力散漫になったり、
学習理解に影響する例を見ます。幼稚園教育の重要さをしっかりと保育活動に生かすように全力で
取り組みます。 園の見学はいつでも可能です。事前に連絡ください。     
                                     
                                   園長  中村 敏明

大津ケ丘幼稚園

〒277-0921
  
柏市大津ヶ丘1-44
電話:04-7192-0306

Copyright ©  大津ヶ丘幼稚園